秋田市における社会福祉事業の健全な発達、及び社会福祉に関する活動の活性化、地域福祉の推進を図ることを目的とします。

 

赤い羽根共同募金

 

赤い羽根共同募金とは

赤い羽根共同募金とは
 
共同募金運動は数ある募金活動の中で唯一、 社会福祉法に明記されている募金活動です。
また、この募金運動は、厚生労働大臣の告示により毎年10月1日から12月31日の期間中、 全国各地で行われます。
皆様から寄せられた募金は、秋田市共同募金会を経由して秋田県共同募金会へ集められ、そこに設置されている配分委員会で配分について審議されます。その後、審議の結果を受けて民間福祉施設や小規模作業所などの整備、そのほか地域福祉・在宅福祉活動など幅広く活用されます。
このように、共同募金は地域福祉推進する目的で、誰もが安心して暮らせるまちのために財源面から支援する重要な役割を担っています。
そのため、共同募金運動は欠かす事のできない運動となっています。
なにとぞ、共同募金の趣旨をご理解いただき、みなさまの善意のご寄付をお願いいたします。
 
シンボルは赤い羽根
「赤い羽根」は、共同募金運動のシンボルです。
日本で赤い羽根を使うようになったのは、昭和23年(1948年)からで、アメリカで水鳥の羽を赤く染めて使ったことを参考にして 日本でも赤い羽根がシンボルとして使われてきました。
 
共同募金の歴史
共同募金は、昭和22年(1947年)から始まりました。
時代に合わせてさまざまな福祉問題の解決のために今日まで続いてきており、平成22年で64年目を迎えました。
 
共同募金は計画募金
事前に社会福祉施設や社会福祉団体、ボランティア団体などから活動のために必要な助成額の申請を受けて募金の使いみちの計画を立て、その年の募金運動を行います。
そのため、共同募金の目標額は助成要望額を取りまとめたものになり、共同募金が計画募金である理由です。
 
都道府県ごとに行われる募金
共同募金は、各都道府県別に行われています。
集まった寄附金は、その県内や市町村で使いみちが決められています。
つまり、皆様からお寄せいただいた善意は、その寄付された皆様の地域や県内を良くするために使われます。
 
法律からみた共同募金
●昭和26年(1951年)
社会福祉事業法が制定され、共同募金が法制化された。
●平成12年(2000年)
社会福祉事業法が社会福祉法に改正された。

現在の共同募金は、この「社会福祉法」をよりどころにし、住民相互の助け合いによって進められてきています。
 
変わる共同募金
時代の変化とともに地域における課題も変化してきています。
そのため、募金活動をより活発にするため、新たな募金スタイルが考えられてきました。

●「赤い羽根共同募金」支援機能付自動販売機
これは、飲料水自動販売機の売上金の一部が所在地の共同募金会へ寄付されるものです。
現在のところ以下で自動販売機を取り扱っています。
・みちのくコカ・コーラボトリングス秋田
・株式会社伊藤園
NPO法人ハートフル福祉募金

秋田市共同募金会では、社会貢献活動の一環としてこの「赤い羽根共同募金」支援自動販売機を設置していただける企業等を募集しております。
ご希望がございましたら、ご案内いたしますので、下記へご連絡ください。

〒010-0976
秋田市八橋南一丁目8-2 秋田市老人福祉センター内
秋田市共同募金会 共同募金担当
TEL:018-862-7445 FAX:018-863-6068
 
 ●インターネットによる募金「ふるサポ」
募金したい都道府県を選んでインターネットで募金ができるしくみです。
「ふるさと」を離れているが、ふるさとを元気にするため募金をしたい場合に対応したものです。
※詳しくは、下のバナーをクリックしてください。
 

 

秋田市共同募金委員会 H28役員名簿

秋田市共同募金委員会 H28役員名簿
 

各様式ダウンロード

各様式ダウンロード
秋田市社会福祉協議会
〒010-0976
秋田県秋田市八橋南1-8-2
TEL.018-862-7445
FAX.018-863-6068
qrcode.png
http://www.akita-city-shakyo.jp/
モバイルサイトにアクセス!
059249
<<社会福祉法人秋田市社会福祉協議会>> 〒010-0976 秋田県秋田市八橋南1-8-2 TEL:018-862-7445 FAX:018-863-6068