本文へ移動

地域福祉活動

秋田市地域福祉アクションプラン2019

秋田市地域福祉アクションプラン2019(詳細版)

アクションプラン2019
 地域福祉を取り巻く環境は一層厳しさを増しています。
 急速に進む人口減少や少子高齢化、就労人口の減少、共働き世帯の増加、核家族化、ひとり暮らし高齢者世帯の増加、生活困窮者への対応、子育てと親のダブルケア等、多様化する世帯状況に加え、地域におけるお互いが支え合う機能低下、地域の担い手の大幅な不足と、まさに地域社会において大きな転換期を迎えています。
 こうした複合化した課題を抱える個人や世帯に対する支援、「制度の狭間」の問題等を「我が事」として捉え、地域住民やボランティア・民間企業・行政・関係機関・団体等の参画による様々な支援体制が求められます。 
 「秋田市地域福祉アクションプラン2019」は、今後、5年間(2019-2023)これまでの課題を把握し、その役割や活動の方向性を明らかにし、「地域共生社会」の実現に向けた施策等を行政や関係機関等とのネットワーク化を図り、地域の様々な関係者が一緒になって課題解決していけるよう役割と機能を示すものであります。
 

救急医療情報キット(安心キット)事業(ダウンロード)

利用者(対象者)向けパンフレット

ご利用されるかた(対象者)向けパンフレットです。
※地区名入りのパンフレットをご希望の地区は、秋田市社会福祉協議会 安心キット担当までご連絡ください。

安心カードの更新のお知らせ

安心キットを設置している方に対して、安心カードの更新を呼びかける時に使用します。
 

救急医療情報キット(安心キット)の手引き

地区社協、民生委員、町内会、福祉協力員など関係者へ向けた資料です。
 

安心キットの注文書

安心キット申込書兼配布者名簿

町内会または民生委員が地区社協に申し込みをするための様式です。
同時に配布者名簿としても活用できます。
 
 

安心キット申込書

地域サロン事業

ふれあい地域サロン
 人と会って楽しい時間を過ごしたり、定期的に外出する機会があると、高齢になっても寝たきりや認知症になりにくく、いきいきと暮らすことができると言われています。「地域サロン」は地域の高齢者等が身近なところで気軽に集まることができる、出会いの場、交流の場、仲間づくりの場です。
 

見守りネットワーク事業

各地区社協、地区民児協との連携を図り、地域の見守りが必要な高齢者世帯等への見守り・声かけ活動や安否確認等を行い、孤立化を予防するとともに、ニーズや緊急事態を早期発見することで、誰もが安心して暮らせるまちづくりを進めます。
 

見守りネットワーク事業

 各地区社協、地区民児協との連携を図り、地域の見守りが必要な高齢者世帯等への見守り・声かけ活動や安否確認等を行い、孤立化を予防するとともに、ニーズや緊急事態を早期発見することで、誰もが安心して暮らせるまちづくりを進めます。
・見守りネットワーク事業(PDF版)どうぞご覧ください。

地区社会福祉協議会

概ね、秋田市内の38の地区社会福祉協議会が結成されています。地区社協は、民生委員児童委員、町内会連合会等地区内の関係団体との連携の中で、敬老会の開催、赤い羽根共同募金、歳末たすけあい運動、地区社協だよりの発行、見守りネットワーク、福祉協力員の設置、福祉座談会、1人暮らし高齢者のつどい等を行い、「誰もが安心して暮らせるまちづくり」と地域福祉の向上に貢献している任意団体です。

ファイルデータ

アクションプラン2019

(2017-05-01 ・ 2707KB)

ファイルデータ~コピー

ファイルデータ~コピー

しあわせづくりプラン2014

(2017-05-01 ・ 5549KB)

1
1
9
7
0
1
秋田市社会福祉協議会
〒010-0976
秋田県秋田市八橋南1-8-2
TEL.018-862-7445
FAX.018-863-6068
TOPへ戻る