本文へ移動
 
 
新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で
生活資金にお悩みのみなさまへ
~緊急小口資金・総合支援資金の特例貸付を受け付けています~
 
 
To households that are struggling for their living expenses due to 
temporary stoppage of work or unemployment caused
by the ongoing COVID-19 pandemic spreads

秋田市社会福祉協議会からのお知らせ

シニア情報ポータルサイト 「秋田を楽しむ大人の情報サイト ”プラっと!”」の開設のお知らせ
2021-02-17
注目NEW

この度、シニア情報ポータルサイト運営協議会(会長 末廣健二)では、シニア向けの情報を集約したシニア向け情報ポータルサイト秋田を楽しむ大人の情報サイト ”プラっと!“(以下「ポータルサイト」)を2021年1月31日に開設いたしましたのでお知らせいたします。


本ポータルサイトは、エイジフレンドリーシティ(高齢者にやさしい都市)※1の実現を目指す秋田市が、2018年度に秋田市中央地区で市民や民間事業者とともに開催したワークショップにおいて出されたアイデアをきっかけに、シニアが情報を受け取りやすい環境を整備するため、2020年5月に官民連携による協議会を設立し、ポータルサイトの開設へ向けて準備を進めてまいりました。


  人生100年時代において、セカンドライフをより豊かにするべく新たな情報を求めるシニアが増えています。加えて、シニア世代のスマートフォン所有率やインターネット利用率が上昇していることから、シニア世代が自由に楽しみながら情報を共有できる新たな場となるよう、ポータルサイトを運営してまいります。

同サイトでは、協議会構成団体※2や県内外の各種団体や企業によるシニア向け情報の提供のほか、シニア世代が情報を投稿できる機能も搭載し、投稿される方々の趣味や活動する団体等のPRなど、自由に楽しみながら同世代へ向けた情報を掲載頂けます。


  当協議会では、同サイトを通じ、シニアの新たな社会参加の場を創出するとともに、エイジフレンドリーシティの実現に寄与し、シニア世代の生活をより豊かにしてくことを目指していきます。


※1 「エイジフレンドリーシティ(高齢者にやさしい都市)」とは、WHO(世界保健機関)が世界的な高齢化・都市化・都市の高齢化に対応するために2007年に提唱したプロジェクト。2011年12月に、秋田市が日本国内の自治体として初めて参加。2019年3月にはWHOから、グローバルネットワーク参加都市の中において先進的な取り組みを行う11都市・地域の一つとして選出されており、その活動が高く評価されている。


※2 協議会構成企業ならびに団体
サイト内容

1.シニアに関する各種イベントや教室、趣味や健康、行政・民間のサービス等に関する情報


2.シニアリポーターならびに一般からの投稿記事の掲載

 ※投稿は個人の方であればどなたでも投稿可能ですが、継続的にご投稿頂けるシニアリポーターも募集をしております。


3.各種企業・団体へのリンク



秋田市社会福祉協議会
〒010-0976  秋田県秋田市八橋南1-8-2
TEL.018-862-7445
FAX.018-863-6068
TOPへ戻る