本文へ移動

地域包括支援センター社協

地域包括支援センターとは

 地域包括支援センターは、保健師・看護師、社会福祉士、主任ケアマネージャーなどの専門資格を持っている職員がチームになって連携し、地域で暮らす高齢者の皆さまを、介護・福祉・健康・医療などさまざまな面から総合的に支える窓口です。
 
 現在、秋田市内には18の地域包括支援センターがあり、それぞれの担当地区の方々の相談や支援を行っています。秋田市社会福祉協議会では以下の3つの包括支援センターを担当しています。
 

八橋地域包括支援センター社協

【名 称】  八橋地域包括支援センター社協
 
【担当地区】 大町、旭北、山王、高陽、八橋
       (八橋字イサノを除く)
       千秋(千秋久保田町を除く)
 
【電 話】  018-883-1465
【FAX】  018-827-5737
 

川元地域包括支援センター社協

【名 称】  川元地域包括支援センター社協
 
【担当地区】 旭南、川尻、茨島、卸町、川元
 
【電 話】  018-853-5968
【FAX】  018-853-5969
        シェラトン開和町103
 

河辺地域包括支援センター社協

【名 称】  河辺地域包括支援センター社協
 
【担当地区】 河辺
 
【電 話】  018-882-5565
【FAX】  018-893-6855
【住 所】  秋田市河辺北野田高屋
                字上前田表66-1
 

サービス提供時間

 営業日:月~金曜日
 時 間:8:30 ~ 17:00
 休 日:土・日曜日、祝日、年末年始(12/29 ~ 1/3)
 ※ただし、緊急時などについては、24時間連絡が取れる体制をとっています。

地域包括支援センターの業務

 地域包括支援センターでは大きく分けて4つの業務を行っています。

総合相談支援

 介護や医療、保険や福祉のことなど、地域の高齢者の皆さまの健康・生活にかかわるどのような相談にも対応しています。相談窓口の分からないお悩みに対しても適切なサービスや機関をご紹介いたします。まずはご相談ください。

介護予防ケアマネジメント業務

 地域の高齢者の皆さまが自分らしく元気に暮らし続けることができるよう、要介護認定で
「要支援」と認定された方を対象にケアプランを作成し、介護保険の介護予防サービス利用をサポートします。また、要介護認定を受けていない高齢者の方に対しても、市が行う介護予防事業の紹介や介護予防教室を実施しております。

権利擁護業務

 お金の管理や契約に関するお悩みがある方へ、成年後見制度の活用に伴う手続きの支援を行っています。また、高齢者の皆さまが地域で安心して生活できるよう、高齢者虐待や消費者被害への対応も行い、皆さまが持つ様々な権利を守ります。
 
 ※詳しくはこちらを参照ください。(秋田市HPより引用)

包括的・継続的ケアマネジメント支援業務

 様々な方面から皆さまを支えるべく、地域のケアマネージャーの方への支援や指導のほか、会議や研修を通じて医療機関をはじめとした様々な関係機関とのネットワーク作りに努めています。

その他

 上記の業務以外にも介護保険の認定の申請のほか、緊急通報システム等の秋田市の高齢者福祉サービスの申請代行も行っています。
 
 ※詳しくはこちらを参照ください。(秋田市HPより引用)
 
1
1
9
2
4
5
秋田市社会福祉協議会
〒010-0976
秋田県秋田市八橋南1-8-2
TEL.018-862-7445
FAX.018-863-6068
TOPへ戻る